すのこベッドを取り入れよう|グッスリ眠れる

室内

安心の日本国内生産

睡眠

日本の風土に合ったものを

海外製と思われがちなフランスベッドですが、実は歴史が60年以上もある日本のメーカーです。安全で安心に使ってもらえるよう、日々開発と努力が続けられています。日本人の好みに合った、日本人のためのベッド関連の商品が豊富にあり、マットレスもその代表となっています。そのため、日本人特有の布団文化から、ベッドのある生活に移行する際にも、違和感を感じることはありません。なんといっても一番の魅力は、フランスベッドのマットレスは全て国内で生産されているという事です。生産面や人件費などから、多くの企業では海外に生産拠点を移しています。しかし、フランスベッドは日本で初めてJIS規格を取得したこともあり、それ以来ずっと日本各地に工場を置いています。検査基準は当初よりもさらに厳しく設定し、徹底した管理のもと安心して使ってもらえる商品を作り続けているのです。最近では、高性能の海外製マットレスが人気となっています。しかし気候や環境の異なる海外製では、日本の風土に合わないものも多く存在します。特に日本は高温多湿という気候となっており、夏場にかけては注意が必要です。元々の湿度が高い上に、寝ている状態では人は大量の汗をかきます。汗を吸収し、素早くその水分を発散させる機能を持たせたマットレスでないと、快適に睡眠を確保できないどころか、カビの発生が起こってしまうこともあるのです。フランスベッドでは、多くの種類のマットレスを取り扱っています。初めてのマットレス選びに迷う人も多いでしょう。選び方に迷った場合は、まずは羊毛入りのものをおすすめします。羊毛は優れた保温性はもとより、水分の吸湿発散性が高いことが知られており、古くから寝具として重宝されている素材です。マットレスは消耗品です。数年ごとに買い替える必要があり、その都度体に合ったマットレス選びをすることが大切なのです。